(トップページ)


タイトル
タイトル
有機農業データーベース

環境保全型農業技術(解題)
(AFFRIT : 農林水産研究情報センター)
   

 
T.我が国における農地の劣化と農業による環境負荷の実態 (NARC)

 
T・1 土壌劣化 (AFFRIT)

 T・1・(1) 土壌侵食 (AFFRIT) (リンク) 


 T・1・(1)・1) 侵食の実態 (AFFRIT)

 
T・1・(1)・2) 沖縄の赤土砂流出 (AFFRIT)

 
T・1・(1)・3) 侵食と土壌特性の関係 (AFFRIT)

 
T・1・(1)・4) 土壌浸食量予測と影響評価 (AFFRIT)

 T・1・(2) 土壌圧縮 (AFFRIT) (リンク) 


 T・1・(2)・1) 土壌圧縮問題の課題 (AFFRIT)

 T・1・(2)・2) 農地における土壌圧縮の実態 (AFFRIT)

 T・1・(2)・2)・ア 水田 (AFFRIT)

 T・1・(2)・2)・イ 畑地 (AFFRIT)

 T・1・(2)・3) 圧縮と土壌物性 (AFFRIT)

 T・1・(2)・3)・ア 農業機械による土壌圧縮 (AFFRIT)

 T・1・(2)・3)・イ 圧縮と土壌物理性評価圧縮 (AFFRIT)

 T・1・(2)・4) 圧縮土壌の改良および管理 (AFFRIT)

 T・1・(3) 重金属 (AFFRIT) (リンク) 

 T・1・(3)・1) 総説及び解説 (AFFRIT)

 T・1・(3)・2) 実態調査 (AFFRIT)

 T・1・(4) 肥料・有機物による過剰養分の蓄積 (AFFRIT) (リンク) 

 T・1・(4)・1) 水田・畑土壌 (AFFRIT)

 T・1・(4)・2) 露地野菜 (AFFRIT)

 T・1・(4)・3) 施設園芸 (AFFRIT)

 T・1・(4)・4) 永年作物 (AFFRIT)

 T・2 水質汚染 (NARC) (AFFRIT) ↓

 T・2・(1) 農業用水の実態 (AFFRIT)

 T・2・(1)・1) 地下水 (AFFRIT)

 T・2・(1)・2) 河川水およびため池(AFFRIT) 

 T・2・(1)・2)・ア 河川 (AFFRIT)

 T・2・(1)・2)・イ ため池 (AFFRIT)

 T・2・(2) 農用地からの栄養塩類の流出と対策 (AFFRIT)

 T・2・(2)・ア 水田 (AFFRIT)

 T・2・(2)・イ 畑・樹園地ほか (AFFRIT)

 T・2・(3) 汚濁水の農地還元 (AFFRIT)

 T・2・(3)・ア 水田 (AFFRIT)

 T・2・(3)・イ 畑 (AFFRIT)

 T・2・(4) 水系の水質変動特性 (AFFRIT)

 T・2・(4)・ア 農村域における変動特性 (AFFRIT)

 T・2・(4)・イ 河川の水質と流域特性 (AFFRIT)

 T・2・(5) 水系の自浄化作用と汚濁指標 (AFFRIT)

 T・2・(5)・ア 河川 (AFFRIT)

 T・2・(5)・イ ため池ほか (AFFRIT)

 T・2・(6) 植物による水質浄化 (AFFRIT)

 T・3 大気汚染 (AFFRIT) (リンク) 


 T・3・(1) 大気汚染 (AFFRIT)

 T・3・(1)・1) イオウ酸化物 (AFFRIT)

 T・3・(1)・2) 二酸化窒素 (AFFRIT)

 T・3・(1)・3) 光化学オキシダント (AFFRIT)

 T・3・(1)・4) 酸性雨 (AFFRIT)

 T・3・(1)・5) アンモニア (AFFRIT)

 T・3・(2) 大気汚染物質の植物影響 (AFFRIT)

 T・3・(2)・1) イオウ酸化物 (AFFRIT)

 T・3・(2)・2) 窒素酸化物 (AFFRIT)

 T・3・(3)・3) 光化学オキシダント (AFFRIT)

 T・3・(3)・4) ハロゲン化合物 (AFFRIT)

 T・3・(3)・5) 酸性雨 (AFFRIT)

 T・3・(3)・6) アンモニア (AFFRIT)

 T・3・(3) 地球規模の大気環境問題 (AFFRIT)

 T・3・(3)・1) オゾン層破壊 (AFFRIT)

 T・3・(3)・2) 地球温暖化 (AFFRIT)

 T・3・(3)・2)・ア 二酸化炭素(CO2) (AFFRIT)

 T・3・(3)・2)・イ メタン、亜酸化窒素(CH4,N2O) (AFFRIT)

 T・4 農薬等有機化学物質による環境負荷 (AFFRIT) (リンク) 


 T・4・(1) 土壌(土壌に生息する生物に対する汚染を含む) (AFFRIT)

 T・4・(1)・1) 有機塩素系農薬の土壌残留性 (AFFRIT)

 T・4・(1)・2) 除草剤の土壌への残留と作物への影響 (AFFRIT)

 T・4・(1)・3) 土壌微生物による農薬の分解 (AFFRIT)

 T・4・(1)・4) 土壌微生物に対する農薬の影響評価 (AFFRIT)

 T・4・(2) 水質(水域に生息する生物に対する汚染を含む) (AFFRIT)

 T・4・(2)・1)・ア 田面水中の農薬濃度の推移と水田からの農薬の流出割合 (AFFRIT)

 T・4・(2)・1)・イ 河川水中濃度の実態と一定地域からの農薬の排出率の推定 (AFFRIT)

 T・4・(2)・1)・ウ 畑地及びゴルフ場から水系への農薬の流出 (AFFRIT)

 T・4・(2)・1)・エ 農薬の水環境における分解 (AFFRIT)

 T・4・(2)・1)・オ 農薬の水生生物への影響と評価 (AFFRIT)

 T・4・(3) 大気 (AFFRIT)

 T・4・(3)・1) 散布による農薬の大気中濃度 (AFFRIT)

 T・4・(3)・2) 農薬の大気中への蒸発と大気中での動態 (AFFRIT)

 T・4・(4) 作物における残留の実態 (AFFRIT)

 T・5 有害生物による農地の人為汚染 (AFFRIT)

 T・5・(1) 畑作物の連作障害 (AFFRIT) 

 T・5・(1)・1) 病害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 T・5・(1)・1)・ア 連作による畑作物生産への影響 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・イ 畑作物の連作障害要因としての土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ 作物別の連作障害に関する土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(ア) ムギ類の連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(イ) 豆類の連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(イ)・ア) ダイズの連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(イ)・イ) アズキの連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(イ)・ウ) インゲンの連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(イ)・エ) エンドウの連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(イ)・オ) その他の豆類の連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(ウ) イモ類の連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(ウ)・ア) ジャガイモの連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(ウ)・イ) サツマイモの連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・1)・ウ・(ウ)・ウ) その他のイモ類の連作障害と土壌病害 (AFFRIT)

 T・5・(1)・2) 腺虫害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 T・5・(1)・2)・ア 禾穀類 (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・ア・(ア) 陸稲及び畑水稲 (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・ア・(ア)・ア) イネシストセンチュウ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・イ マメ類 (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・イ・(ア) ダイズ・アズキ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・イ・(ア)・ア) ダイズシストセンチュウ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・イ・(ア)・イ) ネコブトセンチュウ類・ネグサレセンチュウ類 (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・イ・(イ) ラッカセイ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・イ・(イ)・ア) キタネコブセンチュウ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・ウ イモ類 (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・ウ・(ア) カンショ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・ウ・(ア)・ア) サツマイモネコブセンチュウ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・ウ・(ア)・イ) ミネミネグサレセンチュウ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・ウ・(イ) バレイショ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・ウ・(イ)・ア) ジャガイモシストセンチュウ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・ウ・(イ)・イ) ネコブセンチュウ (AFFRIT)

 T・5・(1)・2)・ウ・(イ)・ウ) ミナミネグサレセンチュウ (AFFRIT)

 
T・5・(2) 野菜の連作障害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 T・5・(2)・1) 病害 (AFFRIT)

 T・6 温室効果ガス等の発生 (AFFRIT) (リンク) ↓

 T・6・(1) 
大気組成の変化とその原因 (AFFRIT)

 T・6・(1)・1) 二酸化炭素 (AFFRIT)

 T・6・(1)・2) メタン (AFFRIT)

 T・6・(1)・3) 亜酸化窒素 (AFFRIT)

 T・6・(1)・4) 含硫ガス (AFFRIT)


 T・6・(1)・5) その他のガス (AFFRIT)

 T・6・(2) 地球環境の変動 (AFFRIT)

 T・6・(2)・1) 温暖化 (AFFRIT)

 T・6・(2)・2) オゾン層の破壊 (AFFRIT)

 T・6・(2)・3) 酸性雨 (AFFRIT)

 T・6・(3) 土壌生態系のガス代謝 (AFFRIT)

 T・6・(3)・1) 二酸化炭素 (AFFRIT)

 T・6・(3)・2) メタン (AFFRIT)

 T・6・(3)・3) 亜酸化窒素 (AFFRIT)

 T・6・(3)・4) 含硫ガス (AFFRIT)

 T・6・(3)・5) その他のガス (AFFRIT)

 T・6・(4) 土壌からの発生量 (AFFRIT)

 T・6・(4)・1) 二酸化炭素 (AFFRIT)

 T・6・(4)・2) メタン (AFFRIT)

 T・6・(4)・3) 亜酸化窒素 (AFFRIT)

 T・6・(4)・4) 含硫ガス (AFFRIT)


 
U 環境保全型農業技術 (AFFRIT)

 
U・1 土壌の保全・養分管理 (AFFRIT)

 U・1・(1) 土壌の保全技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 
U・1・(1)・1) 土壌侵食保全 (AFFRIT)

 U・1・(1)・2) 土壌物理性管理技術 (AFFRIT)

 
U・1・(1)・3) 土壌窒素の動態管理技術の開発 (AFFRIT)

 U・1・(1)・4) 土壌リンの動態管理技術の開発 (AFFRIT)

 U・1・(1)・5) 土壌塩類の動態管理技術の開発 (AFFRIT)

 U・1・(1)・6) 重金属汚染保全 (AFFRIT)

 U・1・(2) 新肥料・土壌改良資材の開発と利用技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(2)・1) 肥効調節型肥料 (AFFRIT)

 U・1・(2)・2) 土壌改良資材 (AFFRIT)

 U・1・(3) 肥料利用率の向上技術 (AFFRIT)

 U・1・(3)・1) 土壌診断技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(3)・1)・ア 土壌診断手法 (AFFRIT)

 U・1・(3)・1)・イ 水田 (AFFRIT)

 U・1・(3)・1)・ウ 畑土壌 (AFFRIT)

 U・1・(3)・1)・エ 露地野菜 (AFFRIT)

 U・1・(3)・1)・オ 施設園芸 (AFFRIT)

 U・1・(3)・1)・カ 牧草・飼料・永年作物 (AFFRIT)

 U・1・(3)・2) 栄養診断技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(3)・2)・ア 水稲の窒素栄養診断 (AFFRIT)

 U・1・(3)・2)・イ 畑作物・野菜等の診断 (AFFRIT)

 U・1・(3)・2)・ウ 生理障害の診断 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3) 環境保全的施肥技術 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ア 水稲 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(3)・3)・ア・(ア) 水田の施肥と環境への影響 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ア・(イ) 施肥技術の進展 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ア・(イ)・ア) 深層施肥 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ア・(イ)・イ) 側条施肥 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ア・(イ)・ウ) 二段施肥 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ア・(イ)・エ) 緩効性肥料の利用 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ア・(イ)・オ) 有機質肥料の利用 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ア・(ウ) 適正施肥 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・イ 畑作物 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(3)・3)・イ・(ア) 現状 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・イ・(イ) 施肥法の改善 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・イ・(ウ) 堆きゅう肥の利用 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・イ・(エ) 下水汚泥の利用 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・イ・(オ) 緑肥の利用 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ウ 野菜 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(3)・3)・ウ・(ア) 総論 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ウ・(イ) 露地栽培 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・ウ・(ウ) 施設栽培 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・エ 果樹 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(3)・3)・エ・(ア) 果樹園地内における養分の動態 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・エ・(イ) 施肥の量及び時期の見直し (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・エ・(ウ) 果樹園土壌の理化学性及び重金属集積の実態 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・エ・(エ) 有機質肥料の利用 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・エ・(オ) 土壌微生物の利用 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・オ 桑 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(3)・3)・オ・(ア) 桑園施肥の考え方 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・オ・(イ) 土壌中での養分の動態 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・オ・(ウ) 桑による養分吸収と効率的施肥方法 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・オ・(エ) 被覆複合化成肥料の施用 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・オ・(オ) これからの肥培管理 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・カ 茶 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(3)・3)・カ・(ア) 茶園の施肥管理 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・カ・(イ) 茶園土壌中における窒素の行動 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・カ・(ウ) 茶園の有機物環境 (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・カ・(エ) まとめ (AFFRIT)

 U・1・(3)・3)・キ 牧草・飼料作物 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(4) 微生物利用による養分供給の促進技術 (AFFRIT)

 U・1・(4)・1) 窒素固定菌の利用技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(4)・1)・ア 共生窒素固定菌 (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・ア・(ア) 根粒菌 (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・ア・(ア)・ア) 分離・分類・生理 (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・ア・(ア)・イ) 生態 (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・ア・(ア)・ウ) 根粒形成・共生機構 (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・ア・(ア)・エ) 窒素固定活性 (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・ア・(ア)・オ) 根粒菌の接種・利用 (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・ア・(イ) 茎粒菌 (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・ア・(ウ) フランキア (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・ア・(エ) ランソウ (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・イ 協同(accsociative)窒素固定菌 (AFFRIT)

 U・1・(4)・1)・ウ 単生窒素固定菌 (AFFRIT)

 U・1・(4)・2) 菌根菌の利用技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(4)・2)・ア さまざまな菌根 (AFFRIT)

 U・1・(4)・2)・イ VA菌根菌の特徴と機能 (AFFRIT)

 U・1・(4)・2)・ウ 外生菌根菌の特徴と機能 (AFFRIT)

 U・1・(4)・2)・エ 菌根菌の利用 (AFFRIT)

 U・1・(4)・2)・オ 菌糸を通じた異種植物間の物質授受 (AFFRIT)

 U・1・(4)・3) リン溶解菌の利用技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(4)・4) 土壌バイオマスの利用技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・1・(4)・5) 窒素代謝制御技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2 病害虫・雑草防除 (AFFRIT)

 U・2・(1) 新化学農薬の開発と利用技術 (AFFRIT) 

 U・2・(1)・1) 新化学農薬の開発 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア 殺菌剤 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(1)・1)・ア・(ア) 殺菌剤の新しいターゲット (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(ア)・ア) 電子伝達系(呼吸)阻害 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(ア)・イ) 糖代謝系阻害 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(ア)・ウ) RNA阻害 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(ア)・エ) 細胞膜阻害 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(ア)・オ) 有糸分裂阻害 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(ア)・カ) エルゴステロール生合成阻害 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(ア)・キ) 侵入阻害剤 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(ア)・ク) 非殺菌性農薬 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(イ) 光学活性体の利用 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(ウ) 耐性菌対策 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(エ) 天然物の利用 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ア・(オ) 製剤技術 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・イ 殺虫剤 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(1)・1)・ウ除草剤 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(1)・1)・ウ・(ア) 除草剤の開発方向 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ウ・(イ) アミノ酸合成阻害剤 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ウ・(ウ) 脂肪酸生合成阻害剤 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ウ・(エ) ホルモン作用攪乱剤 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ウ・(オ) 光関与反応(光合成・カロチノイド合成等)阻害剤 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ウ・(カ) 細胞分裂に影響を与える除草剤 (AFFRIT)

 U・2・(1)・1)・ウ・(キ) 光学活性除草剤 (AFFRIT)

 U・2・(1)・2) 化学農薬の環境負荷軽減及び持続的利用技術 (AFFRIT)

 U・2・(1)・2)・ア 殺菌剤 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(1)・2)・ア・(ア) 薬剤の選択と処理時期 (AFFRIT)

 U・2・(1)・2)・ア・(イ) 散布技術 (AFFRIT)

 U・2・(1)・2)・ア・(ウ) 耐性菌出現とその対策 (AFFRIT)

 U・2・(1)・2)・ア・(エ) 薬剤の連用 (AFFRIT)

 U・2・(1)・2)・ア・(オ) 生物防除との併用 (AFFRIT)

 U・2・(1)・2)・イ 殺虫剤 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(1)・2)・ウ 除草剤 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(1)・2)・ウ・(ア) 除草剤の連用施用による雑草発生の遷移 (AFFRIT)

 U・2・(1)・2)・ウ・(イ) 抵抗性発現の機構とその対策 (AFFRIT)

 U・2・(1)・2)・ウ・(ウ) 薬害の発生と薬害軽減剤の利用 (AFFRIT)

 U・2・(1)・2)・ウ・(エ) 除草剤使用量の低減化 (AFFRIT)

 U・2・(1)・3) 化学農薬の環境負荷軽減製剤の開発と利用 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(2) 天敵等生物利用による病害虫防除技術 (AFFRIT) 

 U・2・(2)・1) 病原菌防除技術 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア 細菌病 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(2)・1)・ア・(ア) イネ白葉病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(イ) イネもみ枯細菌病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(イ)・ア) もみ枯症 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(イ)・い) 苗腐敗症 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(ウ) イネ苗立枯細菌病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(エ) イネ褐条病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(オ) トマト青枯病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(カ) タバコ立枯病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(キ) 軟腐病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(ク) キュウリ斑点細菌病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(ケ) チューリップ黒腐病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(コ) バラ根頭がん腫病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(サ) ジャガイモそうか病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(シ) サツマイモ立枯病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(ス) キャベツの凍霜害と腐敗病 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(セ) ジャガイモの凍霜害 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(ソ) トウモロコシの凍霜害 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(タ) クワの凍霜害 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(チ) 抗細菌性抗生物質生産 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(ツ) 発病抑制機作 (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・ア・(テ) まとめ (AFFRIT)

 U・2・(2)・1)・イ 糸状菌病 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(2)・2) ウイルス病防除技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(2)・2)・ア これまでの弱毒ウイルス作出および利用の経過 (AFFRIT)

 U・2・(2)・2)・イ 新たな弱毒ウイルスの開発および利用の試み (AFFRIT)

 U・2・(2)・2)・イ・(ア) タバコモザイクウイルス(TMV)の弱毒ウイルス (AFFRIT)

 U・2・(2)・2)・イ・(イ) キュウリモザイクウイルス(CMV)の弱毒ウイルス (AFFRIT)

 U・2・(2)・2)・イ・(ウ) カボチャモザイクウイルス(WMV) (AFFRIT)

 U・2・(2)・2)・イ・(エ) ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV) (AFFRIT)

 U・2・(2)・2)・イ・(オ) キュウリ緑斑モザイクウイルス(CGMMV) (AFFRIT)

 U・2・(2)・2)・イ・(カ) 野菜類における弱毒ウイルスの複合利用 (AFFRIT)

 U・2・(2)・2)・イ・(キ) ダイズモザイクウイルス(SMV) (AFFRIT)

 U・2・(2)・2)・イ・(ク) ビートえそ性葉脈黄化ウイルス(BNYVV) (AFFRIT)

 U・2・(2)・2)・イ・(ケ) カンキツトリステザウイルス(CTV) (AFFRIT)

 U・2・(2)・3) 害虫防除技術 (AFFRIT) 

 U・2・(2)・3)・ア 微生物利用 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(2)・3)・ア・(ア) 昆虫ウイルスの利用 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ア・(イ) 昆虫病原細菌の利用 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ア・(ウ) 昆虫病原糸状菌の利用 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ア・(エ) 昆虫寄生性原虫の利用 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ア・(オ) 昆虫寄生性線虫の利用 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・イ 天敵昆虫利用 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(2)・3)・ウ ダニ利用 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(2)・3)・ウ・(ア) 食性 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ウ・(イ) 捕食量 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ウ・(ウ) 発育 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ウ・(エ) 増殖能力 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ウ・(オ) 越冬 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ウ・(カ) 分散 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ウ・(キ) 薬剤感受性 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・ウ・(ク) 放飼実験と実用化 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・エ 線虫利用 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(2)・3)・エ・(ア) 昆虫病原性線虫 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・エ・(イ) 昆虫嗜好線虫 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・エ・(ウ) 絶対寄生性線虫 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・オ 不妊虫利用 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(2)・3)・オ・(ア) 鹿児島県におけるウリミバエの根絶 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・オ・(イ) 沖縄県におけるウリミバエの根絶 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・オ・(イ)・ア) 沖縄群島 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・オ・(イ)・イ) 八重山群島 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・オ・(イ)・ウ) ミバエ類に関する国際研究集会 (AFFRIT)

 U・2・(2)・3)・オ・(イ)・エ) アリモドキゾウムシ・イモゾウムシの根絶防除計画 (AFFRIT)

 U・2・(2)・4) 線虫防除技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3) 植物・有機物利用等による病害虫防除技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・1) 病害虫抵抗性品種の開発と利用 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ア 水稲 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ア・(ア) 病害 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ア・(ア)・ア) いもち病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ア・(ア)・イ) 紋枯病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ア・(ア)・ウ) 白葉枯病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ア・(ア)・エ) もみ枯細菌病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ア・(ア)・オ) 縞葉枯病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ア・(イ) 虫害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・1)・イ 畑作物 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・イ・(ア) 病害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・1)・イ・(ア)・ア) コムギ (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・イ・(ア)・イ) オオムギ (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・イ・(ア)・ウ) ダイズ (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・イ・(ア)・エ) その他の豆類 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・イ・(ア)・オ) いも類 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・イ・(イ) 虫害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・1)・ウ 野菜 (AFFRIT) 

 U・2・(3)・1)・ウ・(ア) 病害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・1)・ウ・(ア)・ア) ナス科野菜 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ウ・(ア)・イ) ウリ科野菜 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ウ・(ア)・ウ) アブラナ科野菜 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ウ・(ア)・エ) その他の野菜 (NARC)

 U・2・(3)・1)・ウ・(イ) 虫害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・1)・ウ・(イ)・ア) 半翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ウ・(イ)・イ) 総翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ウ・(イ)・ウ) 鱗翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ウ・(イ)・エ) 鞘翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ウ・(イ)・オ) 線虫 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・ウ・(イ)・か) 耐虫性に関する総説 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・エ  (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・エ・(ア) 病害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・1)・オ 果樹 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・オ・(ア) 病害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・1)・オ・(ア)・ア) ナシ (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・オ・(ア)・イ) リンゴ (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・オ・(ア)・ウ) カンキツ (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・オ・(ア)・エ) ビワ (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・オ・(イ) 虫害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・1)・カ 牧草・飼料作物 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・1)・カ・(ア) 病害 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・カ・(ア)・ア) イネ科牧草 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・カ・(ア)・イ) マメ科牧草 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・カ・(ア)・ウ) 牧草雪腐病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・カ・(ア)・エ) 混播 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・カ・(ア)・オ) 長大飼料作物 (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・カ・(ア)・カ) エンドファイト (AFFRIT)

 U・2・(3)・1)・カ・(イ) 虫害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・2) 対抗植物利用 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・2)・ア ネグサレセンチュウ (AFFRIT)

 U・2・(3)・2)・イ ネコブセンチュウ (AFFRIT)

 U・2・(3)・3) 有機物利用 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・3)・ア 有機物の病害防除効果 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ア・(ア) キチン質施用によるキャベツ萎黄病の防除 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ア・(イ) トマト褐色根腐病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ア・(ウ) ナス青枯病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ア・(エ) クワ白絞羽病、アスパラガス白絞羽病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ア・(オ) アズキ落葉病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ア・(カ) キャベツ根こぶ病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ア・(キ) キュウリうどんこ病 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ア・(ク) ダイコン萎黄 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・イ 有機物施用による土壌病原菌の挙動 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ 微生物資材の防除効果 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(ア) 微生物炭粒コンポスト (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(イ) AG2,SV2,SY2微生物資材(市販) (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(ウ) A,B,C,D,E微生物資材(市販) (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(エ) 殻粒有機物+拮抗菌(Pseudomonas gladioli)+湛水 (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(オ) カニ殻+拮抗菌(放線菌) (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(カ) コムギ殻粒+拮抗菌(Typhura phacorrhiza) (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(キ) VS−34,ビーコック、アーゼロン、バイオ20、オーレスG,・・・ (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(ク) コブシャット(市販) (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(ケ) フスマ+米ぬか+ピートモス+バミュキュライト+・・・ (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(コ) ビオ有機、ネオアップ、バイオベース、ネオアップ(市販) (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(サ) 光合成細菌処理汚泥発酵物+拮抗菌(放線菌) (AFFRIT)

 U・2・(3)・3)・ウ・(シ) VA菌根菌資材:Glomus属菌あるいはGigaspora属・・・ (AFFRIT)

 U・2・(3)・4) 物理的手法 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・ア 熱利用 
(AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・4)・ア・(ア) 種子消毒 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・ア・(イ) 枝条、苗、塊・茎・球根等の熱処理 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・ア・(ウ) 貯蔵穀物、野菜、果実等の消毒 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・ア・(エ) 土壌消毒 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・ア・(オ) 発酵熱による被害残さ処理 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・ア・(カ) 資器材消毒 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・ア・(キ) その他熱処理による病害虫防除 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ 光・水利用 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(ア) 病害 
(AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・4)・イ・(イ) 虫害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・ア) 紫外線除去(反射)フィルム (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・ア)・@ 半翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・ア)・A 総翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・ア)・B 膜翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・イ) シルバー寒冷紗 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・イ)・@ 半翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・イ)・A 総翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・ウ) シルバーテープ (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・エ) カラートラップ (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・エ)・@ 半翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・エ)・A 総翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・エ)・B 双翅目 
(AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・エ)・C 鱗翅目 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・エ)・D 鞘翅目 
(AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・オ) 誘蛾灯 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・カ) その他 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・イ・(イ)・キ) 水 (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・ウ 雨よけ栽培 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・4)・エ 遮根シート (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・4)・オ べたがけ・マルチ栽培 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・4)・オ・(ア) べたがけ (AFFRIT)

 U・2・(3)・4)・オ・(イ) マルチ (AFFRIT)

 U・2・(3)・5) 間作・混作 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・6) 地域作付け体系 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(3)・6)・ア 病害 (AFFRIT)

 U・2・(3)・6)・ア・(ア) 輪作および休閑 
(AFFRIT)

 U・2・(3)・6)・ア・(イ) 田畑輪換 (AFFRIT)

 U・2・(3)・6)・ア・(ウ) 作期移動 (AFFRIT)

 U・2・(3)・6)・ア・(エ) 地域作付体系 (AFFRIT)

 U・2・(3)・6)・イ 虫害 (AFFRIT)

 U・2・(3)・6)・イ・(ア) 輪作および休閑 (AFFRIT)

 U・2・(3)・6)・イ・(イ) 田畑輪換 (AFFRIT)

 U・2・(3)・6)・イ・(ウ) 作期移動 (AFFRIT)

 U・2・(3)・6)・イ・(エ) 地域作付体系 (AFFRIT)

 U・2・(4) 昆虫フェロモン等 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(4)・1) 性フェロモンの解明研究 (AFFRIT)

 U・2・(4)・2) 性フェロモンの発生予察への利用 (AFFRIT)

 U・2・(4)・3) 大量捕獲法(雄除去法)による防除 (AFFRIT)

 U・2・(4)・4) 交信かく乱法による防除 (AFFRIT)

 U・2・(4)・5) 水稲害虫の防除への利用 (AFFRIT)

 U・2・(4)・5)・ア ニカメイガなど (AFFRIT)

 U・2・(4)・5)・ア・(ア) 発生予察 (AFFRIT)

 U・2・(4)・5)・ア・(イ) 交信かく乱法 (AFFRIT)

 U・2・(4)・6) 野菜・畑作害虫の防除への利用 (AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・ア コナガ (AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・ア・(ア) 発生予察 (AFFRIT)


 U・2・(4)・6)・ア・(イ) 交信かく乱法 (AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・イ ハスモンヨトウ (AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・イ・(ア) 発生予察 (AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・イ・(イ) 大量捕獲法 
(AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・イ・(ウ) 交信かく乱法 (AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・ウ シロイチモジヨトウ (AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・イ・(ア) 発生予察 (AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・イ・(イ) 交信かく乱法 
(AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・エ 施設栽培における交信撹乱剤の利用 (AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・オ その他の鱗翅類の性フェロモン利用 (AFFRIT)

 U・2・(4)・6)・カ 甲虫類の性フェロモン利用 (AFFRIT)

 U・2・(4)・7) 果樹害虫の防除への利用 (AFFRIT)

 U・2・(4)・7)・ア ナシヒメシンクイ (AFFRIT)

 U・2・(4)・7)・イ リンゴコカクモンハマキ、リンゴモンハマキ、ミダレカクモンハマキ (AFFRIT)

 U・2・(4)・7)・ウ モモシンクイガ (AFFRIT)

 U・2・(4)・7)・エ キンモンホソガ (AFFRIT)

 U・2・(4)・7)・オ モモハモグリガ (AFFRIT)

 U・2・(4)・7)・カ コスカシバ (AFFRIT)

 U・2・(4)・7)・キ ミカンハモグリ (AFFRIT)

 U・2・(4)・8) 茶樹の害虫防除への利用 (AFFRIT)

 U・2・(4)・8)・イ 発生予察 (AFFRIT)

 U・2・(4)・8)・ロ 大量捕獲法 (AFFRIT)

 U・2・(4)・8)・ハ 交信撹乱法 
(AFFRIT)

 U・2・(4)・9) 芝草害虫への利用 (AFFRIT)

 U・2・(5) 病害虫の総合防除技術 (AFFRIT)

 U・2・(5)・1) 水稲 
(AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(5)・1)・a 生物的防除 (AFFRIT)

 U・2・(5)・1)・b 耐虫性品種 (AFFRIT)

 U・2・(5)・1)・c 耕種的方法 (AFFRIT)

 U・2・(5)・1)・d 生理活性物質の利用 (AFFRIT)

 U・2・(5)・1)・e 農薬(殺虫剤) (AFFRIT)

 U・2・(5)・2) 野菜 (AFFRIT)

 U・2・(5)・2)・ア 病害 (AFFRIT)
 (リンク) ↓

 U・2・(5)・2)・イ 虫害 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(5)・3) 果樹 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(6) 環境保全型雑草防除技術 (AFFRIT)

 U・2・(6)・1) 生態的(耕種的)防除 
(AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(6)・2) 機械的防除 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(6)・2)・(a) 器具の利用 (AFFRIT)

 U・2・(6)・2)・(b) マルチの利用 (AFFRIT)

 U・2・(6)・2)・(c) 火の利用 (AFFRIT)

 U・2・(6)・3) 生物的防除 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(6)・3)・(a) 雑草の生物的防除の総論 (AFFRIT)

 U・2・(6)・3)・(b) 鳥類・魚類の利用 (AFFRIT)

 U・2・(6)・3)・(c) 昆虫の利用 (AFFRIT)

 U・2・(6)・3)・(d) 微生物の利用 
(AFFRIT)

 U・2・(6)・4) 植物機能利用技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・2・(6)・4)・ア 植物の化学的機能 (AFFRIT)

 U・2・(6)・4)・イ 制圧作物と混作・輪作 (AFFRIT)

 U・2・(6)・4)・ウ マルチ、被覆作物 (AFFRIT)

 U・2・(6)・4)・エ 植物由来化学物質の利用 
(AFFRIT)


 U・3 物質循環 (AFFRIT)

 U・3・(1) 農業生態系における物質循環 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・3・(1)・1) 地球規模での窒素循環 (AFFRIT)


 U・3・(1)・2) 地球上での片寄り (AFFRIT)

 U・3・(1)・3) 我が国を巡る窒素の循環 (AFFRIT)

 U・3・(1)・4) 窒素循環における国土の役割 (AFFRIT)

 U・3・(1)・5) 農村地域における物質循環 (AFFRIT)

 U・3・(1)・6) 圃場レベルにおける物質循環 (AFFRIT)

 U・3・(2) 家畜ふん尿の地域流通促進技術とふん尿還元容量増大技術 (AFFRIT)

 U・3・(2)・1) 地域流通促進技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・3・(2)・1)・ア 流通利用の実態と特徴 (AFFRIT)

 U・3・(2)・1)・イ 流通利用の型 (AFFRIT)

 U・3・(2)・1)・ロ 堆肥センターの個別事例調査 (AFFRIT)

 U・3・(2)・2) 還元容量増大技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・3・(2)・2)・ア 飼料作物の単収入向上による還元容量の増大 (AFFRIT)

 U・3・(2)・2)・イ ふん尿の化学肥料代替物への変換 (AFFRIT)

 U・3・(3) 地形・作目連鎖系等の活用による水質浄化技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・3・(3)・1) 森林 (AFFRIT)

 U・3・(3)・2) 水田 (AFFRIT)

 U・3・(3)・2)・ア 水田の窒素・リン収支 (AFFRIT)

 U・3・(3)・2)・イ 窒素、リン濃度の高いかんがい水供給水田の水質浄化機能 (AFFRIT)

 U・3・(3)・2)・ウ 水田土壌の脱窒機能 (AFFRIT)

 U・3・(3)・2)・エ 稲わら施用と肥培管理法の改善等による水質浄化機能の強化 (AFFRIT)

 U・3・(3)・2)・オ 水田の多面的機能の活用と今後の課題 (AFFRIT)

 U・3・(3)・3) 湿地・ため池等の水質浄化機能 (AFFRIT)

 U・3・(3)・4) 地形作目連鎖系を活用した水質浄化 (AFFRIT)

 U・3・(4) 農業施設等からの廃棄物の処理・再利用技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・3・(4)・1) 廃プラスチックフィルム (AFFRIT)


 U・3・(4)・2) ロックウール (AFFRIT)

 U・3・(4)・3) 砂・礫 (AFFRIT)

 U・3・(4)・4) 廃液 (AFFRIT)

 U・3・(4)・5) 廃おがくず(廃オガ) (AFFRIT)

 U・3・(5) 温室効果ガス等の発生制御技術 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・3・(5)・1) メタン(CH4) (AFFRIT)

 U・3・(5)・1)・ア 水管理 (AFFRIT)

 U・3・(5)・1)・イ 有機物管理 (AFFRIT)

 U・3・(5)・1)・ウ 栽培方法 (AFFRIT)

 U・3・(5)・1)・エ 土壌改良 (AFFRIT)

 U・3・(5)・1)・オ 化学肥料 (AFFRIT)

 U・3・(5)・2) 亜酸化窒素(N2O) (AFFRIT)

 U・3・(5)・2)・ア 硝酸化成抑制剤 (AFFRIT)

 U・3・(5)・2)・ア・(1) ニトラピリン (AFFRIT)

 U・3・(5)・2)・ア・(2) カプセル状カルシウムカーバイド(ECC)・ワックス被覆カルシ・・ (AFFRIT)

 U・3・(5)・2)・ア・(3) ジシアンジアミド(DCD) (AFFRIT)

 U・3・(5)・2)・ア・(4) チオ硫酸塩 (AFFRIT)

 U・3・(5)・2)・ア・(5) N−5,5−ジクロルフェニルサクシナミド酸(DCS) (AFFRIT)

 U・3・(5)・2)・イ 緩効性肥料 (AFFRIT)

 U・4 有機農業の技術的解析 (AFFRIT)

 U・4・(1) 作物・土壌管理 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・4・(1)・1) 先進国における有機農業の動きと定義 
(AFFRIT)


 U・4・(1)・2) 日本における有機農業の展開と技術の実態 (AFFRIT)

 U・4・(1)・3) 有機農業技術論及び有機農法に関する著書 (AFFRIT)

 U・4・(1)・4) 植物による有機成分の吸収と生育促進 (AFFRIT)

 U・4・(1)・5) 有機栽培による農産物の高品質化メカニズム (AFFRIT)

 U・4・(1)・5)・ア 畑作物 (AFFRIT)

 U・4・(1)・5)・イ 水稲  (AFFRIT)

 U・4・(1)・6) 有機栽培と病虫害 (AFFRIT)

 U・4・(1)・7) 有機物施用と水稲の冷害 (AFFRIT)

 U・4・(1)・8) 有機質肥料の特性と効果 (AFFRIT)

 U・4・(1)・9) 緑肥施用に伴う土壌養分管理 (AFFRIT)

 U・4・(1)・10) 有機栽培における堆肥等有機物施用による土壌養分管理 (AFFRIT)

 U・4・(2) 病害虫防除 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・5 環境保全型農業の経営技術 (AFFRIT)

 U・5・(1) 社会的意義・評価 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・5・(1)・1) 環境保全型社会経済と環境保全型農業 
(AFFRIT)

 U・5・(1)・2) 環境保全における農業の社会経済的意義・評価 (AFFRIT)

 U・5・(1)・3) 環境保全型農業と農業経営 (AFFRIT)

 U・5・(2) 環境保全型農業の経営的評価 (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・5・(3) 園芸作経営における環境保全農業―有機農業など (AFFRIT) (リンク) ↓

 U・5・(4) 水田作経営における環境保全型農業特別栽培米など (AFFRIT) (リンク) ↓