★ニリンソウ (キンポウゲ科) (要注意植物)         

                    (D.0054)  

         花の時期 4〜5月
      分   布 北海道、本州、四国、九州

        山麓の林のふちや林内、土手などに生える多年草で、茎は高さ15〜25cmにな
      ります。花は径1.5〜2.5cmで白色です。和名は二輪草(にりんそう)で、2個の花
      をつけることに由来します。ただし1個または3個のこともあります。
葉、花茎をおひた
      し、和えもの、汁の実、天ぷらにして食べますが、猛毒のトリカブトに葉が似ていて、
      同じ場所に生えることが多いので注意が必要です。全草に毒成分プロトアネモニンを
      含み、皮膚炎(水泡)、胃腸炎、かぶれを起こします。