★コクサギ (ミカン科)         

                    (D.0061)  

         花の時期 4〜5月
      分   布 北海道、本州、四国、九州 

        山野の林下や谷間などに生える落葉低木で、高さ1.5〜3mになります。花は黄
      緑色で雌雄異株です。写真は雌株です。葉を煎じた汁は殺虫効果があります。和名
      は小臭木(こくさぎ)で、枝や葉に特有の臭気があるためについたものです。同じような
      名前のクサギ(臭木)はクマツヅラ科ですが、コクサギ(小臭木)はミカン科で、無縁の植
      物です。