★ミヤマキケマン (ケシ科) (要注意植物)         

                    (D.0087)  

         花の時期 4〜7月
      分   布 本州(近畿地方以北)

       日当たりのよい山地の伐採跡、林のふちなどに生える越年草で、茎は高さ20〜
      50cmになります。花は長さ約2cmで淡黄色です。和名は深山黄華鬘(みやまきけ
      まん)です。華鬘は仏殿の欄間(らんま)などの装飾具のことです。花に触れたり、傷
      つけたりすると悪臭が皮膚に付着して容易に落ちないので注意が必要です。
花に
      触れたり、傷つけたりすると悪臭が皮膚に付着して容易に落ちないので注意が必
      要です。