★カテンソウ (イラクサ科)         

                    (D.0092)  

         花の時期 4〜5月
      分   布 本州・四国・九州

        山野の林下に群生する多年草で、高さ10〜30cmになります。上部の葉のわき
      から花柄をかためてつけます。雌花は上部の葉のつけ根にかたまってつき目立ちま
      せん。従って上の写真で見えるのはすべて雄花です。おしべの5本の花糸は始め内
      側に曲がっていますが、のちに跳ね返って写真のように開き、その瞬間に花粉を散
      らします。群生している花を見ていると、あちこちから時々瞬間的に煙がはき出されて
      いるように見えます。和名は花点草(かてんそう)ですが意味は不明だそうです。