★ツクバネ (ビャクダン科) 雌花        

                    (D.0150)  

         花の時期 5〜6月
      分   布 本州、四国、九州(佐賀、長崎、大分県) 

        ツガ、モミ、アセビなどに半寄生する落葉低木で、高さ1〜2mになります。雌雄
      異株です。雄花は径4mmくらいで散房状につき、花弁はありません。雌花は子房
      の先に細長い葉状の苞が4個あります。果実は長さ7〜10mmの卵円形で、先端
      に花のあとに大きくなった苞が残り、羽根つきの羽根に似ています。和名は衝羽根
      (つくばね)で、雌花が熟すと、正月の遊びのつく羽根に似た実をつけることに由来し
      ます。