★ナツトウダイ (トウダイグサ科) (有毒植物)         

                    (D.0698)  

         花の時期 4〜5月
      分   布 北海道、本州、四国、九州

        山地に生える多年草で、茎は高さ40cmくらいになります。花は左の写真ではよく
      わかりませんが、杯状で紅紫色です。和名は夏燈台(なつとうだい)で、花の形が昔の
      ローソクを用いた照明に似ていることに由来します。夏燈台といいながら春先に花が
      咲いてしまいます。
全体に毒成分を含み、葉や茎からでる白い乳液が皮膚につくとか
      ぶれます。誤食すると口や胃の粘膜がただれ、嘔吐、腹痛、下痢などを起こします。