★オオタチツボスミレ (スミレ科)         

                    (D.0964)  

         花の時期 4〜5月
      分   布 北海道・本州・四国・九州

        山地の林下や林縁に生える多年草で、高さ15〜25cmになります。花は径1.5
      〜2.5cmくらいで赤みの強い紫色です。和名は大立坪菫(おおたちつぼすみれ)で、
      タチツボスミレの仲間で、タチツボスミレより全体に大ぶりなため付けられた名前です
      。タチツボスミレの「坪」とは道端や庭の意味で、そういう身近な所で見られることから
      ツボスミレといいます。「立」は、花の盛りを過ぎると茎がしだいに立ち上がってくるとこ
      ろから付いた名前です。菫(すみれ)の語源は花の横顔が大工の使う墨入れに似てい
      ることに由来するとの説があります。